「上質な出会い」を約束します 名古屋の結婚相談所 ブランシェ

コンシェルジュのサポート記録

仲人と言う名の「何でも引受人」

マリッジサロン BLANCHE[ブランシェ]の加藤です。

今週末、栄の南側ではど真ん中祭り24時間TVで賑わっているようですが
久屋大通り公園・セントラルパークの北側はゆったりした休日の時間が流れています。

最近は「お変わりないですか?」とご連絡いただくことが増えて参りました。
ブランシェは開業からもう10年が経とうとしています。

2008.7

 

 

さて、
結婚相談所というのは結婚相手紹介サービース業なんですが、
仲人業をしている人をカウンセラー、コーディネーター、コンシェルジュ
アドバイザーなどいろいろな名前で呼びます。

 

ブランシェではコンシェルジュというのが正式なのですが、
実は自分では正直「仲人」でいいかなと思っています。

両家のご挨拶や結納、挙式などのお世話はしていませんので
昔の「仲人さん」とはちょっと違い、
自社会員さまだけの「なんでも引き受け人」っていうのかな?
そんな感じだと思います。

 

仲人としていつも会員さまの希望に添うようにと願っているのですが
時には厳しいことも言わなければなりません。

 

私のことが憎らしいと思ったりもするようですが、
本当は私じゃなくて、自分やお相手のことにですよね。
分かってますよ。

歯がゆくて、やるせない気持ちだということも。
力不足で相手の気持ちに添えなかったことも。

わかっているけど
悔しくて悲しくて怒りの持って行き場がないんですよね。

 

大丈夫!
そういうものを受け止めることも「仲人の仕事」だと思っていますから。

 

どうすればよかったの?などと思い悩むことも多い恋愛や婚活ですが、
取り繕っても、無理やり繋ぎとめておいても、
そういうのはいずれダメになるものなのです。
離婚することだってあるでしょう。

 

そういう人と一緒にならなくて良かった!
いま回避できて良かったと思いましょう。

 

なんとか早い段階でうまくいかない相手だよと教えてあげられたらなと思うけど、
こればっかりは本人がやってみなければ分からないものね。

成長するためには経験が必要ですからね。

 

 

結婚する前、結婚相手を選ぶ前に、恋愛をする前に
自分の育った家庭や親
自分の能力、可能性
自分の気持ちを見つめ直してみると、
みんなピッタリな相手と幸せな結婚ができるんだと思います。

親やお相手、自分の気持ちとの折り合いを付けることが大事。
わかるかな?

 

 

目を閉じて結婚した自分を想像してみて。
いま何をしていますか?

早起きしてお弁当作ってる?

夕ご飯の献立考えながらお買い物中?

子供に「勉強しなさい!」って怒ってる?

もしかして、玄関で「行ってきます」って愛妻にKISSしてますか?

右手にゴミ袋持ってたりして(笑)

結婚ってそんなものですよ。

 

【ブランシェ】加藤

 

 

 

 

 

 

 

タグ:

お気軽にご相談ください

BLANCHE

ブランシェ名古屋

所在地
460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-18-9 秀光堂ビル7F
電話番号
052-950-3338
営業時間
11:00〜20:00(定休日 火/水)※予約制